« 浅草ロック | トップページ | 梅見月 »

2007年1月31日 (水)

うつわ

070131_131708 堀川貴永の器はどこで見ることができるのか・・・よく、そういうお問い合わせをいただきます。それにお答えしてというわけでもないのですが、少し最近の様子も含めてお知らせします。

陶工房 己流庵は2年と少し前に現工房に移転致しました。住宅地のちょっと奥まったところにある民家を少しずつ改装して営んでおります。同時に、2階に「器屋」という作品の展示スペースを設けました。もちろん購入もできるのですが、いわゆるショップという感じではありません。オーダーの器の打ち合わせなどもイメージがしやすいように、いろんな種類のご覧になれるように、と思い併設いたしました。作る側と直に器について、またその周りにあることについて話をしながら器をご覧になっていただく、たまにお茶飲み雑談スペースとして、、そういう文字通りの「器屋」をイメージしてやらせていただいてます。毎週火曜日から日曜日まで1階工房では陶芸教室をやっておりますが、「器屋」も自由にご覧いただけます。かつては、遠くは長崎まで、お店で作品を常設展示販売させて頂いておりましたが、ただ今のところ、作品のほとんどは、個展や「器屋」で展示、販売しております。工房移転よりバタバタながら自然と今のカタチが出来てきたのでありますが、今後は、新たな器と人の出会いを大切に思い、いろんな場所で展示されることが出来るよう、努力していきたいと思っております。

■堀川貴永の器を展示・販売して頂いているお店など・・・クラフトギャラリー傑山。ログ懐石あんず亭チャイニーズダイナー陶桃。陶ギャラリー&カフェ「不易流行」(名古屋)。陶工房己流庵「器屋」。■オンラインショップ「ブラウズ」。■個展 日本橋ギャラリー開(2007年4月21日~26日)  

|

« 浅草ロック | トップページ | 梅見月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30213/5148798

この記事へのトラックバック一覧です: うつわ:

« 浅草ロック | トップページ | 梅見月 »