« 遺すということ | トップページ | 芸術の秋 »

2010年11月 1日 (月)

霜月

器・・・といっても、その表現は無数にあるものだと思います。好きな器も、人によって様々。自分がイメージした器を、自分でつくるということ・・・そこには、大きな壁があり、繰り返し続ける事ではじめて見えてくるものがあったりします。陶芸は難しい・・・だから、面白い。陶芸教室を始めてから、ずっと変わらないこと。己流庵の陶芸教室には、何をつくるか・・という決まりや、カリキュラムはありません。自分のイメージをカタチにする。そのことを大切に考えています。

Img 久しぶりの陶芸教室作品展、数多くの器が並びます。多くの方々のご来場をお待ちしております。

2010年11月5日(金)~7日(日) 11:00~18:00(最終日は16:00まで)

会場:東京都国立市中2-17-2 「アートスペース和と和」 TEL042-580-1047

陶工房 己流庵は11月5日(金)はお休み、6日(土)は13:00まで、7日(日)はお休みとなります。よろしくお願いいたします。

|

« 遺すということ | トップページ | 芸術の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30213/37497151

この記事へのトラックバック一覧です: 霜月:

« 遺すということ | トップページ | 芸術の秋 »