« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月26日 (月)

My favorite things

Img_0220Img_0219_2毎朝、工房の掃除の後…ほとんど欠かさないのが、一杯のコーヒー。

珈琲って、こんなに美味しいものなんだ!と思ったのは、吉祥寺の「モカ」の珈琲を知ってから・・・.。

本当は、豆にも、道具にもこだわりたい。でも、こだわりだしたらきりが無く、今では、だいぶ手を抜いて・・・それでもなんとか、ドリップだけはするようにしています。ほんとうは、自分の好きな豆を好みの粗さに挽いて、ネルドリップで淹れる珈琲が好きなんだけど・・・。

今日は、朝から「パトアシュ」藤田ようこさん、ご来庵。今年10周年の雑貨のセレクトショップのオーナーさん。秋の企画のための、コーヒーポットの制作依頼。久しぶりにいろいろと雑談も。

そうだ!ふと、僕のお気に入りの「がまぐちの小銭入れ」の事を思い出した。祖父から父へ受け継がれた、小さなワニ皮の「がまぐち」・・・ずっと使い続けて、いよいよもうだめか・・と思っていた時に、藤田さんの店で見つけた「がまぐち」・・・それが10年近く前の事。まだ取り扱ってるのかどうか・・お尋ねしたら、僕にとっての3代目の「がまぐち」を持ってきて頂きました。

小さな出来事だったり、ものだったり…一つ二つでも変わらないものがある。そういうのもいいもんだなぁ~と思う。

今日はお休みの日だけど、制作~打ち合わせ~制作・・午後は国立へ個展の打ち合わせ~制作と続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

夏と秋のあいだ

Img_0180一年を通して、冬と春のあいだ、夏と秋のあいだ・・この辺りが、一番器を制作している時期かもしれません。オーダーの器、春と秋の展示会用の器・・・やるべきことがはっきりとしている。そして、これまで、僕の器を手にしてくれた人の事を思ったり、使っていただいているときの様子を知らせていただいたり・・・いろんなことを考える時期でもあるのです。

早いもので八月も半ば・・・。今年も秋から展示会が始まります。懐かしい出会い、新しい出会い・・・いろんな出会いを楽しみに作陶に励みます。ちょうど今夜くらいの月も半分に。日没くらいの白い月・・・きれいだったなぁ。

9月末から国立市~東大和市~国立市。新年早々、たまプラーザ東急。しばらく続きます。

作家、立原正秋の昔のエッセイにこんなのがありました。「夏と秋のあいだ」より引用:

「日常の出来事はひとつひとつはっきりしているのに、やはりこの季節は分明でない。時間と空間がさだかではないのが夏と秋のあいだかもしれない。そこには集約されたものがない。秋が訪れてくるまでは、すべてが拡散している。」

Img_0030_2Img_0028_2Img_0127Img_0150


Img_0154_1




最近のオーダーの器・・・いろいろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »